騎馬に乗っていない警察官と騎馬に乗った警察官が被った傷害の特徴

File
R・オア1、E. カネッティ1、B. シュラム1
1ボンド大学、戦術研究ユニット、ロビーナ、オーストラリア

背景: 警察の仕事は肉体的にも負担がかかる職業です。 騎馬警察官は、馬に乗ったパトロールや騎馬の世話に関連する任務など、独特の肉体的に厳しい任務にさらされることがあります。 騎馬警察以外の警察部隊と比較した場合の職務や身体的任務の違いにより、このサブグループの警察官に特有の負傷が発生する可能性があります。

目的: 警察官による負傷について説明し、騎乗していない警察官と騎乗している警察官が受ける傷害の特徴の違いを特定する。

メソッド: 01 年 2014 月 31 日から 2019 年 02126 月 XNUMX 日までのデータは、州警察機関の事件報告データベースから提供されました。 このデータでは、負傷の数と割合が報告され、性別、原因、メカニズム、性質、労働時間ごとに負傷が分類されています。 倫理承認はボンド大学人間研究倫理委員会 (BSXNUMX) によって提供されました。

結果について 合計29,243人の負傷者が報告された。 このうち、29,113件(99.5%)の負傷は、騎乗していない警察官によって報告された。 騎馬警官以外の負傷の76%は男性警官が負ったが、騎馬警察部隊の負傷の82%は女性警官が負った。 身体的暴行は、騎馬に乗っていない警察官の負傷の主な原因(21%)であり、その他/不特定の原因(16%)、滑落・転落(16%)が続いた。 取り付けられたユニットでは、その他の原因または不特定の原因が怪我とスリップの 35% を占め、転倒は 23% に達しました。 反復的な作業/動作と物体との衝突は、騎馬警察官の負傷の主な原因でした(それぞれ10%と9%)。 騎乗していない警察官の場合、最も一般的な傷害のメカニズムは、身体的暴行 (21%)、その他/不特定 (16%)、でこぼこした路面 (5%)、および身体運動 (5%) でした。 騎馬警察では、その他/不特定(25%)、高所からの転落(16%)、馬(11%)、および仕事の性質(10%)が最も頻繁に発生した傷害の原因でした。 捻挫/挫傷、打撲、腫れは、非騎乗者(それぞれ36%、21%)と騎乗者(それぞれ44%、31%)の両方で主な傷害の性質でした。 ほとんどの負傷は、非騎乗部隊では勤務開始から 8 ~ 12.5 時間以内 (35%)、騎乗部隊では勤務開始から 4 時間以内 (40%) に発生しました。

結論: 騎馬警察官は、騎馬でない警察官と同様の性質の負傷を負うが、その負傷の原因やメカニズムは異なる。  

含意: 騎馬警察は、負傷の原因やメカニズムが騎馬でない警察とは異なるため、独自の傷害軽減と職場復帰戦略を必要とします。

資金提供、謝辞: NA

キーワード: 法執行機関、馬、リハビリテーション

トピック: 労働衛生と人間工学

この作業には倫理的承認が必要でしたか? YES
機関: ボンド大学
委員会: ボンド大学人間研究倫理委員会
倫理番号:BS02126


すべての著者、所属、および要約は、提出されたとおりに公開されています。

リストに戻る