ポリシーステートメント: 理学療法への直接アクセスと患者/クライアントの自己紹介

ち望ん 理学療法 それを主張します 〜へ > /  サービス利用者が理学療法に出会うことができるようになります 。理学療法士の初級教育では、理学療法士が、他からの紹介なしに検査/評価、評価、診断、介入/治療、結果の決定、患者/クライアントの退院ができる、プライマリコンタクトの自律的実践者となるよう準備します。 専門家(医師など)またはその他の第三者。さらに、世界 理学療法 患者/クライアントが理学療法士に直接紹介できるようにすることで、理学療法サービスへのアクセスを改善できるサービス開発と提供モデルを提唱しています。

リストに戻る

複数の言語でのポリシーステートメント

ポリシーステートメントの表紙のサムネイル: 理学療法への直接アクセスと患者/クライアントの自己紹介

理学療法への直接アクセスと患者/クライアントの自己紹介

英語

Download
ポリシーステートメントの表紙サムネイル:直接アクセス(日本語)

理学療法へのダイレクトアクセスと患者/利用者のセルフリファラル

日本語

Download