ポリシーステートメント: 理学療法への直接アクセスと患者/クライアントの自己紹介

世界理学療法は次のように提唱しています。 直接アクセス 〜へ 理学療法 および 患者/クライアント 自己紹介 サービス利用者が 理学療法目標. 理学療法 専門的な入門レベルの教育により、理学療法士が、他からの紹介なしに患者/クライアントを検査/評価、評価、診断、介入/治療、結果の決定、退院させることができる、プライマリコンタクトの自律的実践者となるよう準備します。 健康 専門家(医師など)またはその他の第三者。さらに、ワールド・フィジオセラピーは、患者/クライアントがより良いアクセスを得られるようなサービス開発と提供モデルを提唱しています。 理学療法 直接紹介する機能を通じてサービスを受ける 理学療法士.

リストに戻る

複数の言語でのポリシーステートメント

ポリシーステートメントの表紙のサムネイル: 理学療法への直接アクセスと患者/クライアントの自己紹介

理学療法への直接アクセスと患者/クライアントの自己紹介

英語

ダウンロード
ポリシーステートメントの表紙サムネイル:直接アクセス(日本語)

理学療法へのダイレクトアクセスと患者/利用者のセルフリファラル

日本語

ダウンロード
ポリシーステートメント: 理学療法への直接アクセスと患者/クライアントの自己紹介 (フランス語)

運動療法による患者/クライアントの直接および自動参照へのアクセス

フランス語

ダウンロード
政策声明: 理学療法への直接アクセスと患者/クライアントによる自己紹介 (スペイン語)

理学療法の患者/クライアントへの直接アクセスと自己導出

スペイン語

ダウンロード