高齢者と協力する国際理学療法士協会(IPTOP)

モヒーローオーバーレイ
""

サブグループについて

IPTOPは2003年にサブグループとして認識され、高齢者と協力する際の理学療法の卓越性の世界的な促進をサポートしています.

協会の取り組みは、国の組織とその個々のメンバーが、研究、エビデンスに基づく実践、臨床の専門化、および他の分野や介護者との共同実践を通じて、高齢者と協力できるようにすることを目的としています。

IPTOPの目的は次のとおりです。

  • 世界中の高齢者と協力する理学療法士間のコラボレーションを促進する
  • 高齢者との高水準の理学療法実践を奨励する
  • コミュニケーションと情報交換による事前練習
  • 科学的研究を奨励し、分野の新しい発展に関する知識を広める機会を促進する
  • 高齢者と協力して認められたグループの形成と発展において世界理学療法会員組織を支援する

高齢者のための理学療法

2025年までに世界には推定800億人の高齢者が存在し、開発途上国で最も急速な成長が見られます。 理学療法士のユニークな知識、スキル、経験は、高齢者の健康と機能に影響を与える重要な位置にそれらを置きます。 世界理学療法の国際ネットワーク全体で情報を共有し、関連する知識をカスケードすることで、先進国と開発途上国の両方の経験に基づく学習を促進します.

高齢者と一緒に働く理学療法士の主な目的は、機能、活動、および自立を維持および/または回復することです。 これには、この集団に影響を与える広範囲の条件に対して、人を中心とした協調的な専門家間のアプローチが必要です。.

IPTOPのサポートを通じて、老年学における専門技能および/または高度な実践技能と知識のさらなる認識が理学療法士のさらなる機会の開発を促進することが期待されます。 これにより、高齢者の生活の質と、該当する場合はサポートシステムまたは介護者への貢献が保証されます。.

学会・展示会

IPTOPは、可能な限り、その会議をメンバー組織の全国会議に参加させる方針を持っています。 これにより、すべての地域のメンバー組織が費用効果の高い方法で組織に参加できるようになります。 IPTOP会議は、オーストラリア、カナダ、米国、およびヨーロッパのいくつかの国/地域で開催されました。 IPTOP会議の開催について問い合わせる場合は、IPTOP会長に連絡してください。

IPTOPはまた、世界の理学療法会議を中心とした教育プログラムの編成を支援します。

認識された年のサブグループ

2003

このサブグループの詳細

左の形